役員構成

代表理事

株式会社ネクシィーズグループ 代表取締役社長 兼 グループ代表 近藤 太香巳

株式会社ネクシィーズグループ 代表取締役社長 兼 グループ代表
近藤 太香巳

株式会社ネクシィーズグループ

1967年11月1日生まれ。
19歳の時、50万円を元手に会社を創業。34歳でナスダック・ジャパン(現ジャスダック)へ株式上場し、37歳で2004年当時最年少創業社長として東証一部に上場。プロモーション&マーケティングを駆使したビジネスモデルでグループ10社にまで成長させ、LED照明レンタル事業、電子雑誌出版事業、経営者交流会「パッションリーダーズ」のいずれも日本一の規模を誇る。2015年9月、電子雑誌出版の(株)ブランジスタがグループ2社目となる株式上場を果たす。常に新たな分野へ挑戦し続け、早稲田大学や東京大学・一橋大学などでの講演活動も積極的に行い若者の心を持ち前の情熱でリードしている。JAPAN VENTURE AWARD 2006 最高位 経済産業大臣賞受賞。

続きを見る

理事※50音順(氏名)

SBCメディカルグループ 総括院長 相川 佳之

SBCメディカルグループ
総括院長

相川 佳之

湘南美容外科クリニック

1970年生まれ。神奈川県出身。日本大学医学部卒業。
麻酔科研修後に、医療を通じて人の心を前向きにさせることができる美容医療の可能性に魅力を感じ、都内大手美容外科に勤務。
2000年に神奈川県藤沢市に湘南美容外科クリニックを開院。徹底した顧客志向を貫き、料金体系の表示、治療直後の腫れ具合の写真を公開するなどの美容業界でタブーとされてきたことに挑み続け、全国に50院を構えるまでに急成長を遂げている。SBCメディカルグループ総括院長。一般社団法人日本美容外科学会美容外科専門医。2014年に著書「情熱経営」を出版。

続きを見る

キャピタル・アドバイザリー株式会社 代表取締役社長 青木 巌

キャピタル・アドバイザリー株式会社
代表取締役社長

青木 巌

キャピタル・アドバイザリー株式会社

1967年9月2日生まれ。静岡県出身。
1992年フジタ入社。商業・住宅・オフィスビルの企画開発事業を担当後、財団法人民間都市開発推進機構へ出向、日本開発銀行との都市開発事業資金の協調融資業務及び不動産証券化業務に従事。2000年アセット・マネジャーズ株式会社(現いちごグループホールディングス株式会社)設立、2002年に上場し、総額1兆円以上の不動産ファンド、M&Aファンドを投資・運用。2008年5月同社代表執行役兼CEO退任。2009年4月キャピタル・アドバイザリー株式会社代表取締役社長に就任。

続きを見る

株式会社ゼットン 代表取締役会長 稲本 健一

株式会社ゼットン
代表取締役会長

稲本 健一

株式会社ゼットン

1967年12月11日愛知県名古屋市生まれ。45歳。
名古屋造形芸術短期大学でプロダクトデザインを専攻。
卒業後、東京の商社に就職するも、半年後に名古屋のデザイン事務所へ転職。大学時代から続けていたバーテンダーのアルバイトが飲食人生の原点となるが、1993年に期間限定ビアガーデンのプロデュースを請け負い、成功を収めたことをきっかっけに、本格的に飲食ビジネスの世界へ入る。1995年10月、株式会社ゼットンを設立。1号店となる「ZETTON」(名古屋市中区)をオープン。2001年には「ZETTON恵比寿」(東京都渋谷区)をオープンし、東京へ進出。味噌串カツや石焼ひつまぶしなど「名古屋めし」を東京に持ち込み話題となる。 設立当初から「店づくりは、街づくり」を基本理念とし、現在「商業店舗開発事業」「公共施設開発事業」「カルチャー事業」の3つを戦略事業として、関東・中部圏を中心に海外4店舗を含む62店舗を展開。
「商業店舗開発事業」では、地域・街が異なれば、住む人や働く人が変わり、レストランの利用の仕方や過ごし方が変わるという考えから、一つとして同じ店を作らないという方針で、新しい店舗ブランドを開発し続けている。
「公共施設開発事業」では、人々の生活を豊かにする美術館や公園といった公共施設にレストランを展開。従来、美術館に訪れていた方がついでに利用していた付帯施設であるレストランを、集客施設へと変革することで公共施設の活性化に寄与する。2004年に手掛けた徳川園やランの館を皮切りに、名古屋テレビ塔や横浜マリンタワー、東京都美術館のリニューアル等、10以上のプロジェクトを行う。また、当事業のレストランでは、公共施設の魅力を最大限に生かしたレストランウェディングにも取り組んでいる。 「カルチャー事業」では、世界の食文化を海を越えて伝えたいという想いから、「Aloha Table」を中心としたハワイアン業態で、本物のハワイの食を日本に伝えている。ホノルルに本店を、日本では首都圏を中心に展開。
その他、社内にデザイン事業部を設け、グラフィックデザインやブレーンとして大手外食企業の店舗開発にも参画している。(http://www.zetton.co.jp

続きを見る

 株式会社ネクスト 代表取締役社長 井上 高志

株式会社LIFULL
代表取締役社長

井上 高志

株式会社LIFULL

1968年うまれ。青山学院大学卒業後、新卒入社した株式会社リクルートコスモス(現、株式会社コスモスイニシア)勤務時代に「不動産業界の仕組みを変えたい」との強い想いを抱き、1997年独立して株式会社ネクストを設立。インターネットを活用した不動産情報インフラの構築を目指し、不動産・住宅情報サイト『HOME'S(ホームズ)』を立ち上げ、掲載物件数No.1(※1)のサイトに育て上げる。
2011年からは、海外進出を開始。2014年には世界最大級のアグリゲーションサイトを運営するスペインのTrovit Search,S.Lを子会社化。現在は、国内・海外併せて15社(※2)の子会社を展開し、世界46ヶ国(※3)にサービス展開している。日本のみならず世界で情報インフラの構築を進め、国籍や言語に関わらずスムーズに住み替えができる仕組み創りを目指す。
座右の銘は、ネクストの社是でもある「利他主義」。究極の目標は「世界平和」で、事業活動を通じて、「不安」「不満」「不便」といった社会に存在する「不」の解決を目指す。ネクストの事業の他、個人でもベナン共和国の産業支援プロジェクトを展開し、一般財団法人Next Wisdom Foundation 代表理事、一般社団法人デモクラティアン 代表理事を務める。

※1:産経メディックス調査(2016.1.23)
※2:2016年6月時点
※3:2016年6月時点

続きを見る

株式会社エスクリ 代表取締役 執行役員社長 岩本 博

株式会社エスクリ
代表取締役会長

岩本 博

株式会社エスクリ

昭和40年、神奈川県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。サントリー株式会社を経て、平成3年に株式会社リクルート入社。就職情報誌の企画・営業に携わった後、結婚情報誌「ゼクシィ」の立ち上げに参画。以後10年間、営業の責任者として、レストランウェディングやハウスウェディングなど多様な結婚式の需要を掘り起こす一方、全国500以上の会場に対し、集客や施設運営に関する企画提案を行う。

平成15年、株式会社エスクリを設立し、代表取締役に就任。平成22年に東京証券取引所マザーズ市場へ上場。以後、出店スピードを加速し、東京八重洲のオフィスビルやJR大阪駅の駅ビルに結婚式場を開業するなど、業界の常識にとらわれない新しいスタイルのウェディング会場を展開し、「ブライダル業界で最も成長している会社」として高い評価を獲得。平成24年には東京証券取引所市場第一部へ市場変更。

続きを見る

株式会社ティーケーピー 代表取締役社長 河野 貴輝

株式会社ティーケーピー
代表取締役社長

河野 貴輝

株式会社ティーケーピー

1996年慶応義塾大学商学部卒業後、伊藤忠商事株式会社為替証券部を経て、日本オンライン証券株式会社(現カブドットコム証券株式会社)設立に参画、イーバンク銀行株式会社(現楽天銀行株式会社)取締役営業本部長に就任。インターネットにおける金融業のノウハウを取得し、2005年8月当社設立、代表取締役就任、現在に至る。

リストグループ 代表 北見 尚之

リストグループ
代表

北見 尚之

 リストグループ

1965年横浜市生まれ。事業会社での店舗開発部門、不動産会社での営業職を経て、1991年リストグループ創業。
現在、リストグループは、不動産に関する開発・投資・仲介/販売・建設・アセットマネジメントの5つの領域を提供している。横浜市内最大級のエコタウン開発、日本初の中古戸建て住宅の瑕疵(かし)保証サービス提供、ハワイ州不動産仲介第5位のグループ会社の経営など、日本国内外で不動産事業の新しい領域を常に開拓している。
2010年にスタートさせた「リスト サザビーズ インターナショナル リアルティ(サービスブランド:略称LSIR)」は世界65の国と地域に展開するグローバル不動産ブランド。LSIRは東京/横浜など日本国内に8拠点とハワイに3拠点を有する。今年以降はシンガポールやフィリピンなど東南アジアにも事業領域を拡大。『世界にひとつだけの価値ある不動産を、あなたへ』がスローガン。
趣味はサーフィン、トライアスロン。*2016年8月時点

続きを見る

ノンフィクション作家 小松 成美

ノンフィクション作家
小松 成美

http://www.pd-n.jp/services/management/narumi-komatsu

専門学校で広告を学び、1982年毎日広告社へ入社。その後、放送局勤務などを経て、1990年より本格的に執筆を開始する。主題はスポーツ、映画、音楽、芸術、旅、歴史など多岐にわたる。情熱的な取材と堅い筆致、磨き抜かれた文章にファンも多い。

真摯な取材に定評があり、スポーツノンフィクションや人物ルポルタージュに新境地を開いた。また歌舞伎をはじめとした古典芸能や西洋美術、歴史などにも造詣が深く、関連の執筆も多い。現在も数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラムを執筆、雑誌や書籍にて精力的に発表している。

2014年6月、高知県観光特使就任。
近著は「それってキセキ GReeeeNの物語」KADOKAWA/角川マガジンズ

続きを見る

株式会社デジタルアイデンティティ 代表取締役COO 佐藤 亨樹

株式会社デジタルアイデンティティ
代表取締役COO

佐藤 亨樹

株式会社デジタルアイデンティティ

1979年3月1日生まれ。2002年に大学を卒業後、大手総合広告代理店に入社。マーケティング戦略、ブランド戦略、新商品開発、コーポレートブランディング、PR戦略開発、事業戦略立案など幅広いコンサルティングを行った後、2009年に株式会社デジタルアイデンティティを設立。
創業以来増収増益を続け、2016年9月には創業からわずか7年3ヵ月で東証マザーズに上場を果たす。

株式会社バルニバービ 代表取締役CEO 佐藤 裕久

株式会社バルニバービ
代表取締役CEO

佐藤 裕久

株式会社バルニバービ

1961年 京都府生まれ
1985年 神戸市外国語大学中退、アパレル会社で出店計画事業などに従事
1991年 有限会社バルニバービ総合研究所設立、代表取締役に就任
1998年 株式会社バルニバービに組織変更

現在、東京・大阪をはじめ全国に64(2015年12月末時点)店舗のレストラン・カフェやスイーツショップを展開。ヨーロッパの年月を熟成していくスタイルにインスパイアされた感覚のカフェにより、大阪・南船場の性格を決定づけた仕掛人でもある。既成概念にとらわれない経営手腕で関西・関東飲食業界を牽引する。地域に根差した店舗作りを展開する傍ら、商業施設のプロデュースや、起業・経営についての講演会なども行い、幅広く活動する。
著書に「一杯のカフェの力を信じますか?」(河出書房新社)「日本一カフェで街を変える男」(グラフ社)

続きを見る

株式会社ベネフィット・ワン 代表取締役社長 白石 徳生

株式会社ベネフィット・ワン
代表取締役社長

白石 徳生

株式会社ベネフィット・ワン

1989年に拓殖大学政経学部を卒業後、1996年パソナの社内ベンチャー第1号として、株式会社ビジネス・コープ(現 株式会社ベネフィット・ワン)を設立、取締役就任。2000年代表取締役社長に就任。2004年JASDAQ上場、2006年に東証二部上場を果たす。
福利厚生サービスのみならず、インセンティブ、CRM、BTM、ヘルスケアなど次々と新規事業を展開。2012年からは海外進出を開始し、アジア地域および米国に全6拠点の現地法人を設立。現在会員数は620万人を超え、福利厚生事業で培ったユーザー課金型のビジネスモデルを強みに、新しい「サービスの流通創造」を目指す。

続きを見る

株式会社キッズライン 代表取締役 経沢 香保子

株式会社キッズライン
代表取締役社長

経沢 香保子

株式会社キッズライン

創業間もない楽天で社長室や楽天大学等の新規事業を経て、26歳で自宅でトレンダーズを創業。女性起業塾や女性ソーシャルメディアマーケティング等を展開し、2012年東証マザーズに当時最年少女性社長として上場。2014年7月から株式会社キッズライン代表取締役社長。

現在、『ワイドスクランブル』(テレビ朝日系)、『週刊ニュースリーダー』(テレビ朝日系)『シューイチ』(日本テレビ系)他コメンテーターとして出演。プライベートでは1男1女の母。女性のHappyは、仕事・美・パートナーシップの両立というのが自論であり、自らも試行錯誤中。「起業で社会を変える」実践的・女性起業家サロンも運営。

続きを見る

株式会社ティア 代表取締役社長 冨安 徳久

株式会社ティア
代表取締役社長

冨安 徳久

株式会社ティア

1960年愛知県に生まれる。1979年大学入学直前の春休みに就いたアルバイトをきっかけに葬儀社への入社を決意し、山口県の葬儀会社に就職。1982年愛知県に戻り冠婚葬祭互助会に転職後、独立を目指す。1997年(株)ティア設立。葬儀価格を完全開示し、明瞭な価格体系で業界革命を起こす。翌年1号館「ティア中川」をオープン。2006年名証セントレックスに新規上場。2009年以降「カンブリア宮殿」「TheサンデーNEXT」等いくつかのテレビ番組に取り上げられ、「感動葬儀」として注目を浴びる。2014年東証・名証一部へ上場。

続きを見る

株式会社ベクトル 代表取締役社長 西江 肇司

株式会社ベクトル
代表取締役社長

西江 肇司

株式会社ベクトル

1968年生まれ 岡山県出身 関西学院大学卒。
大学在学中からビジネスをはじめ、1993年にプロモーションを主軸とする会社を設立。
2000年よりPR事業を中心とした体制に本格移行。独立系PR会社として業界トップレベルの地位にのぼりつめ、2012年3月に東証マザーズ上場、2014年11月28日には東証一部へ市場変更。
現在、中国(上海、北京)、香港、シンガポール、インドネシア、タイ、台湾、ベトナムに現地法人を設立し、成長市場であるアジア・ASEAN主要国へ積極的に展開。アジア全域におけるPRグループの形成を目指し、事業を拡大している。
ベクトルグループには、日本No.1のリリース配信サービスPRTIMES、ソーシャルメディアマーケティングを扱うシグナル、映像制作を手がけるVECKS、それぞれの領域を活かし、特に、ソーシャルメディアマーケティングにおいては、各国の事情に最適化した施策をプランニングし、実行できる体制を確立。
直近では、PRとアドテクノロジーを組み合わせた最新のマーケティング手法を武器に、アジア全域におけるPRグループの形成を目指している。
著書に『戦略PR代理店』(幻冬舎)、『モノの広め方』(アメーバブックス新社)がある。

続きを見る

 株式会社ジェイグループホールディングス 代表取締役社長 新田 治郎

株式会社ジェイグループホールディングス
代表取締役社長

新田 治郎

 株式会社ジェイグループホールディングス

1966年京都生まれ。高校卒業後、上京しマハラジャなどディスコを経営する日本レヂャー開発株式会社へ入社。長野、金沢、仙台などの売上低迷店舗を次々に立て直した手腕をかわれ、史上最年少24歳で東海地区を統括する名古屋レジャー開発株式会社の社長に就任。
バブル崩壊後、親会社の経営難から同社は解散。1997年ジェイプロジェクトを立ち上げ、飲食店を複数同時オープン。2003年東京へ進出。全店舗直営方式で、名古屋、東京を中心に居酒屋やレストランを展開する。2005年愛・地球博に出店。その後も店舗を拡大し、2006年11月東証マザーズへ上場を果たす。2012年9月ホールディングス体制に移行し、株式会社ジェイグループホールディングス代表取締役に就任。

続きを見る

株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ 代表取締役 会長 野尻 佳孝

株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ
代表取締役 会長

野尻 佳孝

株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ

1972年〈昭和47年〉6月4日生まれ。
明治大学付属中野中学校・高等学校を経て、明治大学政経学部卒業。 大学在学中にはラグビー部に所属し、卒業後は住友海上火災(当時)に勤務。
1998年(平成10年)に独立して、結婚式関連事業を行う株式会社テイクアンドギヴ・ニーズを起業。欧米風の邸宅を貸切りで利用できる「ハウスウェディング」スタイルを提案し新市場を創出。
2001年、ナスダック・ジャパン(現ジャスダック)に当時史上最年少で上場し、2006年より東京証券取引所市場第1部指定。
2011年よりアジアへ進出し、上海、香港、深セン、台湾を含むアジアとアメリカ合衆国のニューヨーク、ロサンゼルスにも拠点を持ち、グローバルに活躍。現在は国内外に150以上の拠点を展開。

続きを見る

Oceans株式会社 代表取締役社長 堀 主知ロバート

Oceans株式会社
代表取締役社長

堀 主知ロバート

Oceans株式会社

1965年、米国ワシントンDCに生まれる。89年、関西学院大学法学部卒業。同年、英国ロンドンに留学し、マーケティングと福祉ビジネスを学ぶ。94年(株)パラダイスウェブを設立。その後、98年(株)サイバードを設立し、モバイルインターネットビジネスに参入。携帯電話の爆発的な普及を背景に、豊富なコンテンツ供給で急激に成長を遂げ、2000年12月、ジャスダック市場に上場。「本質」を捉えたサービス創り、ありったけの「愛」をもって、お客様とサービスを考える仕事の価値観を常に追求。現在、モバイルサービスの提供とスマートフォン・ゲームおよびアプリの開発/提供を行う。02年、米国『TIME』誌において「世界のビジネスに影響を与えた15人」に、『Business Week』誌アジア版では「The Star Of Asia25」に選ばれた。また、05年には世界経済フォーラムより「若き国際的指導者」に選出された。
2016年7月同社代表取締役を辞任し顧問に就任。Oceans株式会社を設立し、アスリートとファンの絆を深める事業を展開する。

続きを見る

株式会社ダイヤモンドダイニング 代表取締役社長 兼 グループ代表 松村 厚久

株式会社ダイヤモンドダイニング
代表取締役社長 兼 グループ代表

松村 厚久

株式会社ダイヤモンドダイニング

日本大学理工学部卒業後、日拓エンタープライズに入社。ディスコの企画・運営に携わり、非日常を学びエンターテイメントに目覚め、1995年に独立。当初から飲食店に興味があったが、資金集めの為に翌年1996年に「A&Yビューティサプライ」を設立し、日焼けサロンを都内に展開。2001年銀座に1号店である「VAMPIRE CAFE」をオープンし、飲食業に参入。翌年2002年12月に株式会社ダイヤモンドダイニングに社名を変更。2007年3月6日には大阪証券取引所ヘラクレス市場(現JASDAQ)へ上場。2008年1月には外食産業に最も影響を与えた人物として外食産業記者会が表彰する「外食アワード2007」を受賞。 同年5月には、日経流通新聞「飲食業2007年度ランキング」で店舗売り上げ伸び率第1位に選ばれる。2010年には飲食業界初の"100店舗100業態"を達成!東京を中心に多業態のレストランを269店舗以上(連結)を展開中。2014年東証二部市場変更、2015年7月7日東証1部上場銘柄に指定。

続きを見る

C Channel株式会社 代表取締役社長 森川 亮

C Channel株式会社
代表取締役社長

森川 亮

C Channel株式会社

1967年、神奈川県生まれ。1989年筑波大卒業後、日本テレビ放送網株式会社に入社。1999年青山学院大学大学院国際政治経済学科でMBAを取得。その後ソニー株式会社にてブロードバンド事業に携わり、2003年ハンゲームジャパン(現LINE株式会社)入社、2007年に同社代表取締役社長に就任。2015年3月、代表取締役社長を退任し、アドバイザーとして顧問に就任。同年4月よりC Channel株式会社代表取締役社長に就任。

続きを見る

株式会社エー・ピーカンパニー 代表取締役 米山 久

株式会社エー・ピーカンパニー
代表取締役社長

米山 久

株式会社エー・ピーカンパニー

1970年生まれ。 不動産業、販売代理店、海外挙式のプロデュース業などを経て、2001年APカンパニーを設立、ダーツバーを出店して飲食業に参入。
04年、みやざき地頭鶏専門居酒屋「わが家」を出店。
06年、宮崎県に農業法人を設立、自社養鶏場と加工センターを立ち上げる。
08年度外食アワードを受賞。
11年、自社で定置網漁を開始、漁業でも第一次産業へ進出。
現在は「塚田農場」「四十八漁場」など、15業態177店舗を展開。

続きを見る

副理事※50音順(氏名)

株式会社トップチャンネル 代表取締役社長 阿部 かな子

株式会社トップチャンネル
代表取締役社長

阿部 かな子

株式会社トップチャンネル

宝塚歌劇団出身。「女優の世界、撮られる側から撮る側へ」
女優時代に応援してくださった方への恩返しから映像製作会社を設立。自社企画・制作による企業情報番組「ザ・プロジェクト日本企業NOW!」をインターネットとCS放送で3年間放送。
大手広告代理店より依頼を受け、iPhone・iPadで配信する映像の製作協力開始。
400社以上の企画・製作の実績があり、企業の企画広報から社内教育・マニュアル等、社外秘の映像まで受注。テレビCM、イベントオープニング映像、ネット動画等、幅広いジャンルの映像を手掛けています。
一貫して企業の素晴らしさ、想い、夢など伝えられる感動ある映像作りに力を入れています。映像を通じて企業との関わりを深め、お客様の仕事内容を理解するため「リピーター」の多い映像製作会社です。

続きを見る

愛商物流株式会社 代表取締役 阿部 観

愛商物流株式会社
代表取締役

阿部 観

愛商物流株式会社

1971年5月、愛知県出身。
愛工大名電高校在学中は、工藤公康(元西武)・山崎武(中日)など多くのプロ野球選手を輩出した名門の硬式野球部に3年間所属、2学年下にはイチロー(現ヤンキース)が後輩におり、同じグランドで汗を流す。野球部で培った体力・根性・情熱を持ち、1999年27歳で上京。
1999年、東京都町田市に(有)アクティサービスを設立。これを皮切りに東京・神奈川に営業所を展開し、2010年に愛商物流(株)に社名変更。
2011年4月に、軽貨物運送の独立開業を支援する東商物流協同組合を設立、理事長を務める。関東を中心に45社64拠点、ドライバー約3,000名という組織力で運営、現在も加入法人が増えております。
愛商物流(株)は、企業様の物流コスト削減、物流業務の円滑化を図ることができ、24時間・年中無休で軽車両から大型車両まであらゆるニーズに対応し全国配送も可能。また、保管倉庫や車両販売・買い取り・リース・整備・損害保険の取り扱いまで物流に関わる業務に幅広く対応している。
著書に「10年後も稼げるホンモノの仕事」(ブランポート出版局)。

続きを見る