活動レポート

2014年9月24日(火)
第3回 パッションVoice :「日本政策投資銀行 アジア進出支援ファンド設立について」

report140922_01.png国内の中小企業などがアジアへ進出する際の後押しをしようと、政府系金融機関の日本政策投資銀行は、タイの最大手の企業グループと共同でファンドを設立することを正式に発表し、資金面だけでなくアジア各国の取引先の開拓についても支援を行っていく方針となりました。
発表によると、日本政策投資銀行は、タイ最大手の企業グループ「チャロン・ポカパン・グループ」と日本企業のアジア進出を支援する目的で、2014年9月までにそれぞれ200億円を拠出し、ファンドを設立することで合意しました。
「チャロン・ポカパン・グループ」は、農業・食品・小売りなど、幅広い分野で事業を展開する複合企業で、傘下に200社余りの企業を抱え、タイだけでなくアジア各国に進出しています。今回設立するファンドは、このネットワークを活用し、アジアに進出する日本の中小企業などに対して、資金面の支援だけでなく、原材料の調達や現地のコンビニやスーパーなどの商品の販売先の紹介といった幅広い支援を行う方針としております。日本の金融機関がアジアの民間企業と連携してファンドを設立するのは珍しいということで、海外ビジネスの拡大が課題となっている中小企業などを支える新たな取り組みとして注目されそうです。このような取り組みを背景に日本企業のアジアへのビジネス進出についてアンケートを実施しました。

1.海外での事業展開を考えていますか?

report140922_02.png
既に海外進出を果たしていたり、今後海外進出を考えている 会員が73%と高い水準となりました。

2.海外の展開拠点は?

report140922_03.png
海外進出をする際に、目を向ける 国や地域につきましては、 アジア・オセアニアを視野に入れている会員が全体の54%を占め 近隣諸国への意識の高さがわかりました。

3.海外進出の理由は?

report140922_04.png
海外進出をの目的は、海外需要への期待が45%を占め、アジアへのビジネス進出の期待がうかがえます。

パッションVoiceでは、パッションリーダーズが毎月開催する定例会に参加された約200名の経営者のみなさんに話題のテーマについてアンケートをとり経営者の生の声をレポートしてまいります。


最新パッションVoice一覧

年別活動レポート

カテゴリー別活動レポート

オンラインアカデミーログイン

パッションリーダーズ活動スケジュール

「活動レポート」講演や部会の情報満載です

パッションリーダーズ アワード

「パッションVoice」パッション会員のアンケートから経済の今がみえる

パッションリーダーズ アントレプレナー

パッションリーダーズ公式モバイルアプリ

オンラインアカデミー